ブログ


TVアンテナのケーブルの種類にはどんなものがあるのか?

テレビを見るために必要なのがTVアンテナのケーブルで、アンテナ端子から本体やレコーダーに接続すると地上デジタル放送やBS放送、CS放送を受信できます。

 

基本的にアンテナケーブルがないとテレビの視聴ができないので、ない場合は用意します。

 

TVアンテナのケーブルは3種類あり、ひとつは室内用のテレビケーブルです。

 

主に室内で使われ、長さが1mから5m程度で両端にプラグが付いています。

 

室内用のテレビケーブルは、加工の必要がなく接続すれば使えます。

 

L形やF形、ストレートなど端子の形が異なり用途により使い分けます。

 

室内引き込み用フラットケーブルは、テレビのコンセントを介さずにテレビとアンテナを直接つなぎます。

 

地上デジタルアンテナなどから屋外に設置されている引き込み口まで繋ぎたい場合は、長尺ケーブルを使います。

 

屋外用で両端にプラグが付いていないため、そのままでは接続ができないです。

 

接続をするためには加工が必要になりますが、長いのでアンテナが遠い場合にも便利に使えます。

 

テレビコンセントの端子やテレビ本体の端子など端子には適合する形状があるので、できるだけ適合する製品を選択します。

 

どのタイプでも加工をすれば接続できますが、形状が合わないとテレビの映りが悪くなるケースもあります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.