ブログ


TVアンテナのブースターの寿命はどれくらい?

TV波はTVアンテナが受信して、ブースターが増幅する仕組みになっています。

 

ブースターは弱い電波を増幅して、正常な受信を可能にする装置です。

 

熱を持ちやすいので温度が高い場所で使っていると寿命が短くなり、温度が低い場所なら寿命が長くなります。

 

ブースターの寿命は平均で10年程度なので、10年以上使っている場合は交換の可能性も頭に入れておきます。

 

テレビの映りが悪くTVアンテナに問題がない場合は、ブースターが故障している可能性があります。

 

ブースターが故障すると電波が弱いままの状態になるため、テレビの映りが悪化します。

 

テレビに関連した機器の中で、特にブースターは設置方法で使える年数が大幅に変わります。

 

一般的に設置工事では通風の良い位置に取付け、寿命がきて交換する場合は発熱量の少ない機種を選択します。

 

温度の上昇や漏水、対流なども考慮に入れて設置位置を検討し電波のバランスが均一になる製品を選びます。

 

夏の時期は外気温が高くなりBOX内の増幅器も温度が高温になりやすいので、適度に放熱するなど寿命が短くならないように対策を行います。

 

ブースターは内部に電解コンデンサーやトランジスターを使っているので、温度の影響で特性が維持できなくなるケースもあります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.