ブログ


TVアンテナのコネクタにはどんな種類があるのか?

屋外の屋根などに取り付けてあるTVアンテナで受信した電波をテレビで視聴するには、アンテナから得た電波をテレビまで到達させる必要があるのでケーブルを使用します。

 

ケーブルは有線であるという点は共通しているものの、各々によって先端部分のコネクタの形状が異なるため、個々の目的や環境を考慮して適する形状を選びましょう。

 

様々な種類がある中で特に一般的なのがストレートプラグであり、ストレートプラグという名称通り先端が双方ともにストレートになっていて、汎用性と使い勝手が高いです。

 

F型というタイプのコネクタは両方の端がねじ込むタイプになっていて、ネジで固定するという特性上緩んだり抜ける心配が無くて頼もしさがあります。

 

そのため、小さい子供が引っ張っても問題無いため、小さな子供を育てている家庭でも安定的かつ安心してテレビが楽しめます。

 

L型は一方はストレートプラグと同じ形状をしていますが、もう一方はL字になっているのが特徴であり、壁面に設けられているTVアンテナ用の穴にL字になっている方を挿し込むと、飛び出す部分が顕著に短くさせられるのですっきりとした見た目になりますし、物などを引っ掛けてしまう心配も無くなります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.