ブログ


TVアンテナのブースターとはどんな役割があるの?

住宅などの建築物の屋根に設置してあるのがTVアンテナですが、一見すると全てが同じ物であるように見えるものの、実際には中間部に箱型の装置が設けられている事例もあります。

 

箱型の装置の事をブースターと呼び、ブースターとはしっかりとアンテナを設置して適する方向に向けているのにも関わらず、本来の映像の映りが得られない時に導入する物です。

 

自宅の中にあるテレビで映像や音声が視聴できるのは、最寄りの電波塔から発信されている電波を各家庭のアンテナでキャッチしてテレビの画面に映し出しているためですが、電波塔から自宅までの距離が遠かったり周囲に電波を遮ってしまう物が存在している場合には、得られる電波が弱くなってしまいやすいです。

 

ブースターとは、受信できた電波が元来よりも弱い状態になっていても強く増幅させられる働きを有しているので、物件が位置している場所に関わらず安定的に映像や音声が受信可能になります。

 

また、届いていて受信できている電波の強さには問題が無いものの、1つのアンテナで得た電波を複数のテレビで分けている事例では、分け与えるという特性上それぞれのテレビの映り方に変化が起こりやすいためブースターを用います。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.