ブログ


冬にBSが映らないのって何が原因?

冬になるとBSが映らないと言う経験をしたことがある人は少なくありません。

 

雨や雪が降ると映りにくくなるといった事はよくあるものですが、晴れている日に映らないと言うことも実際には多いものです。

 

そのようなときにはアンテナの状態を確認することが必要です。

 

アンテナに雪が付着し、これが電波の受信を妨げているといったこともあるので十分に注意をしなければなりません。

 

BSやCSの受信に使用するパラボラアンテナは、その円盤の部分に雪が付着してしまうことも多いものです。

 

この部分に行が付着すると正常な電波の受信をすることができなくなってしまい、映らなくなってしまうことになります。

 

そのため、アンテナの部分を確認することが大切です。

 

また雪の重みでアンテナがずれてしまうと言うことも多いため、この点にも注意をしなければなりません。

 

雪が付着するとその分アンテナの円盤の部分が重くなり、位置がずれてしまうと言うことも多いものです。

 

この場合には雪を取り除くと元に戻ると言うことも考えられますが、万が一元に戻ったとしても微妙にその位置がずれてしまっていることがあるため、専門家にその状態を確認してもらうことが重要です。

 

BSのアンテナは非常に敏感なものとなっているため、雪の影響を受けやすいことに注意をすることが必要となります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.