ブログ


4Kアンテナ工事で使える補助金とは?

4K放送を受信するためには専用のアンテナとブースター等が必要となるため、これらの工事を行うことが必要となります。

 

その費用は30,000円から50,000円とも言われており、一般家庭などでは大きな負担となる事は少なくありません。

 

しかし、現在工事費の3分の1程度を助成する補助金制度が行われており、一定の条件を満たせばその費用が免除されることになります。

 

助成の対象となるのはアンテナ工事におけるブースターや分配器等周辺機器となっており、アンテナ本体の費用は含まれていません。

 

また現在BS放送やCS放送を受信しており、そのアンテナを交換して4Kの受信に対応するためのアンテナ工事を行う場合に限られていますが、これらの条件を満たせば費用を安くすることができるので、申請を行ってみる価値があるものとなっています。

 

現在4K放送は1部のBS放送で試験的に行われていますが、総務省を中心として積極的にその事業が展開されているものでもあるため、今後は4K放送専門の番組などが非常に増えることが予想されます。

 

またこの補助金制度は上限があるため、申請しても必ずもらえると言うものはないことにも注意が必要です。

 

そのため、早めに申請することが重要なポイントとなっています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.