ブログ


加湿器の置き場所ってどこがいいの?

加湿器は暖房などで部屋の湿度が低下した際に適度に空気に潤いを与える非常に便利なものですが、その設置場所によって効果が大きく変わることはあまり知られていません。

 

そのため部屋の中の邪魔にならない角などに置いてしまうことも多いのですが、実はこれでは効果が上がらないばかりでなく、逆効果になってしまうことも多いのです。

 

基本的に加湿器の置き場所は部屋の中央に配置するのが最も良いものです。

 

部屋の中央に加湿器を設置すると、空気中に水分を効率よく購入させることができ、またその対流を利用して部屋全体に空気を行き渡らせることができるので、最も効果的な方法となっています。

 

様々な理由で部屋の中央に置くことができない場合には、エアコンの吸入口のそばに置くのも良い方法です。

 

エアコンは部屋の空気を吸い込みこれに加熱をして放出する仕組みとなっているため、加熱をする前の空気に湿気を与えることで噴出口から湿気を含んだ空気を吹き出すことができます。

 

置き場所がないからと窓の近くに置くと言うことも少なくありませんが、これは基本的に行ってはいけません。

 

窓は部屋の中でも最も空気が冷える場所であり、この近くに加湿器を設置すると空気中に溶け込む前にその寒さによって結露してしまい部屋全体に空気が行き渡らないことになります。

 

加湿器を設置する場合には、このような点に注意をすることが大切です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.