ブログ


テレビアンテナって粗大ゴミとして捨ててもいいの?

テレビアンテナが必要なくなって捨てたくなったときには、それぞれの住んでいる自治体の粗大ゴミ受付センターに受付を射てもらってごみ収集の依頼をします。

 

スーパーや郵便局などの粗大ゴミ処理券取扱所で粗大ごみシールを購入して、それをテレビアンテナに貼り付けて指定の日時に指定された場所に出しておきます。

 

テレビアンテナをすぐに処分したい場合、例えばごみ収集車などで資源ごみとして回収してくれるところがあればそうした方法もあります。

 

しかし、タイミングよくそうしたサービスを利用できることばかりではありませんし、不燃ごみなどで出すことはできません。

 

テレビアンテナは、コンパクトなもので指定の袋に入れば自治体の不燃ごみの日に出すこともできます。

 

不燃ごみの袋から出るほど大きいものは、粗大ごみとなります。

 

自治体ごとにごみの取り決めは驚くほど異なりますので、まずはごみ収集カレンダーやウェブサイトなどを見て確認して、わからなければ問い合わせをするのが確実です。

 

基本的に、指定のごみ袋に入る大きさのものなら大抵のものはごみの日に出すことができます。

 

しかし、テレビアンテナは大きくて袋に入らないものが一般的です。

 

テレビアンテナを新しくして古いものを使わなくなった場合、そのままにしておくのも見た目が良くありませんし、早く処分したいなら粗大ごみの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

たいていの自治体では粗大ごみの申し込みをして、指定の日時に出すことになります。

 

場合によっては、ごみの処分場に個人で持ち込みが可能なケースもありますので、近くにある方はその方が早く処分できます。

 

テレビアンテナを早く捨てたい方は、まずは住んでいる市や町のごみの担当課に相談をするのが一番早いです。

 

住んでいる場所によっては異なるやり方のところもありますが、ほとんどのケースでは粗大ごみになりますので少し料金はかかりますが、問題なく捨てることができます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.