ブログ


無線のテレビアンテナはおすすめなのか?

必ずしも各部屋にテレビのアンテナ端子のコンセントが設置されているとは限りません。

 

その場合、アンテナ端子の設置工事が必要となります。この工事は簡単にできるものではなく、意外とお金がかかります。

 

そして家の構造によっては工事ができない、又は賃貸などによりテレビが見たい部屋にないのに工事ができない。このような場合におすすめなのが、工事よりも簡単に自分で設置ができる無線のテレビアンテナです。

 

別名室内アンテナとも言い、ケーブルとテレビを繋ぐだけで受信できるものです。

 

最近のは場所を取らずに設置できる小型の物やペーパータイプなど様々なものがあり、比較的安価で購入できます。

 

ただし無線のテレビアンテナのデメリットとして、天候に左右されたり、お住いの地域が電波塔から遠く、電波が弱い地域だと映像が映らない可能性もあります。

 

そのため、購入する際には電波が弱い地域ならブースターが内蔵されているアンテナがおすすめです。

 

反対に電波が強すぎる地域では、ブースターが内蔵されてるアンテナだと増幅しすぎてノイズの原因になってしまう為、注意が必要です。

 

電波が強い地域にはブースターが内蔵されていないものがおすすめです。

 

アンテナ端子の工事をしたくても出来ないけど、どうしてもこのその場所でテレビが見たい場合には無線のテレビアンテナをおすすめしますが、基本的に工事が出来るならばしっかりと電気屋さんに電波を測定してもらい工事をしたほうがストレスなく快適にテレビライフを送れることでしょう。

 

今の無線のテレビアンテナはスペースを取らずに設置でき、高画質でテレビを楽しむことが出来るのでまずは室内アンテナから試してみるのはいいかと思います。

 

その際は、住んでいる地域がどれだけテレビ塔から離れているのかをチェックしておくことが大切です。

 

自宅がどの地域にあたるのかはA-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)のHPの「放送エリアのめやす」というページで、自宅の郵便番号を入力しただけで簡単に調べる事が出来ます。住環境に適した無線のテレビアンテナを選んでみてください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.