ブログ


テレビアンテナを捨てる時の捨て方とは?

断捨離という言葉が世間ですっかり認知されるようになりましたが、時々捨てたいけれどどうやって捨てれば良いのか迷ってしまうものがあります。

 

そのひとつが引越しや買い替えでいらなくなってしまったテレビアンテナです。

 

テレビアンテナは形も独特なので、収納に手間取るうえ使い道がなければ必要というものでもありません。

 

でも、正しい捨て方がわからなければ捨てようがありませんよね。

 

自分で行うには結構な手間が掛かるということを頭に入れておいてください。

 

まずは何のゴミに分類されるのかという所から始まりますが、地域によって異なるものの基本的には粗大ゴミとして扱われるということを覚えておくと良いでしょう。

 

出す前には、住んでいる地域の自治体に分類と処分方法を確認します。

 

粗大ごみの処分には数百円ほどの費用が掛かりますが、こちらも地域によって異なるので合わせて確認すると良いでしょう。

 

ところでテレビ用のチューナーには、登録した情報がそのまま残っていることがあるので注意が必要です。

 

なので処分する前には必ず情報の有無をチェックし、残っているようであれば削除することが重要です。

 

もちろん、粗大ごみ回収の日を確認して指定の場所まで自分の手で運ぶということも可能ですが、なかなかの手間が掛かってしまいますよね。

 

そういった煩わしさや手間を省きたいのなら、回収業者に依頼して回収してもらうことをおススメします。

 

チューナーの残存データの確認や消去も業者がやってくれるので安心出来ます。

 

それから、引っ越すことでテレビアンテナが不要になったというのなら、引越し業者に相談するという方法もあります。

 

その場合は、引越し料金とは別にアンテナの撤去と回収料金が発生するので見積もりを取る際に事前に一緒に見積もってもらうと良いでしょう。

 

まだ新しくて勿体ないと言うのなら、アンテナ専門業者に依頼して撤去後にそのまま買い取り査定に出すことも可能なのでこと、状況に合わせて考えてみたいものです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.