ブログ


テレビでe202と出たらどうやって直せばいい?

テレビを見ようと思ったら、e202というエラーコードが出て映像が見られなくなってしまうことがあります。

 

e202とは、テレビのアンテナが電波を受信できない時に出るエラーコードです。

 

なぜ電波が受信できなくなるのかというと、天候などの外部的な要因とケーブルの接触不良などの内部的な要因が考えられます。

 

天候などが影響している時には、しばらく様子を見るのがいいでしょう。

 

台風や豪雨などがあって一時的に電波を受信しづらい状況になっていることが考えられます。

 

天候が良くなれば自然に不具合も解消するので、天候不良の最中に何かしようと思うと無駄骨になってしまうことがあります。

 

また、その地域だけ一時的に電波障害が発生している場合も考えられます。

 

この場合にも時間が経過すれば解消するので、焦らずに待っているのがおすすめです。

 

そして、e202のエラーコードが現れる原因として、ケーブルの接触不良・チャンネル設定の不具合・アンテナの不具合・B-CASカードの不良等の内部的な要因も考えられます。

 

その場合には、まず配線ケーブルがきちんと繋がっているかをチェックします。

 

家具を移動した際などに、ケーブルが外れてしまったということもあります。

 

ケーブルが劣化していたり、端子の先端が折れてしまっていた場合には新しい物と交換しなければなりません。

 

ケーブルの接触不良は意外と多いので、配線ケーブルをつなぎ直すと不具合が解消することも多いです。

 

それからチャンネルを再設定すると、きちんと電波を受信できるようになることもあります。

 

アンテナの不具合の場合には、台風などの影響でアンテナの向きが変わったということも考えられます。

 

アンテナの場所にもよりますが、自分で直せる場合には位置を調整してみるといいかもしれません。

 

屋根の上など作業するのが難しい時には、専門家に依頼する方が良さそうです。

 

その他にも使用しているB-CASカードがきちんと挿入されていなかったり、傷がついてしまった場合などもあります。

 

B-CASカードを取り出して、一度チェックしてみるようにしましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.