ブログ


冬に電気代を節約するためのポイントとは?

冬が近づいてくると気になるのが電気代です。

 

エアコンやコタツなどの暖房器具を使うことが多くなるので、他のシーズンに比べて電気代がどうしても高くなってしまいます。

 

冬に電気代を節約するためのポイントとは、やはり「エアコンの使い方」が大きなカギになります。

 

エアコンは室外機から外気を取り込み、その空気を冷やしたり温めたりして室内に送る仕組みですが、夏の外気は暑くても35~38度で室内を26度に設定すればその差は10度前後となります。

 

一方冬は0度近くまで下がることもありますが、それを26度にするには夏の倍以上の電力を消費することとなってしまいます。

 

したがって、節約するにはエアコンに頼りすぎないことが大切なので、まずは窓からの冷気を遮断するようにしましょう。

 

ガラスは熱伝導率が低いため、窓を閉めていても熱が外に逃げやすくなっています。

 

そのため遮熱シートを窓に貼り付けたり、カーテンの生地を厚めにするなどの対策をするだけで大きな違いが生まれます。

 

また、エアコンは「弱モード」で動かさずに「自動運転」にすることをおすすめします。

 

弱モードは節約している感じがしますが、自動運転は温度に応じて送風にして室温を均一にするなど余分な電力を使わないため消費電力は少なくなります。

 

他にも、スリッパや厚手の靴下を履くなど足元を温めて、体感温度を上げるようにするのも節約のポイントです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.