ブログ


風呂の水道代を節約するためにやるべきこととは

お手軽な方法としては、お湯をはる量を調整することでしょう。毎回、満タンにまでお湯を入れてしまうと、当然、水道代は高くつきます。

 

手動でお湯を入れるのなら半分くらいまででストップし、自動ならば設定でお湯の量を調整するようにしましょう。

 

いわゆる半身浴の状態になりますが、じっくりと入ることで体は温まるはずです。

 

お湯のかさましをするのも節約テクニックのひとつです。

 

水道代を抑えつつ、高い位置までお湯をはることができますので、しっかりと肩まで浸かって入りたいという人におすすめです。

 

定番なのは、水を入れたペットボトルを湯船に入れておくという方法です。

 

それによって物理的に量を増やすことができ、水道代も節約することができるでしょう。

 

ペットボトルを何本入れるのかについては、湯船のサイズによって違いますので、適宜調整を行うのが良いです。

 

追い炊き機能がある場合に限定されますが、この機能を活用するのも節約におすすめです。

 

風呂に入る度にお湯を捨てるのではなく、前日に残しておいたお湯を、翌日に風呂へ入る際に追い炊きをすることで節水になります。

 

衛生的な観点から、何日もお湯炊きをするのは推奨されませんので、連続2日くらいにするといった心掛けを持ちましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.