ブログ


テレビアンテナの耐用年数ってどれくらい?

テレビのアンテナは非常に長持ちするものと考えられていることが多いのですが、その寿命は平均的に15年程度と言われています。

 

意外と短いと思う人も多いのですが、これは様々な条件によってその耐用年数が異なってくることによるものです。

 

条件が良ければ30年程度使っていても現役で動いていると言うものもあるため。さらに長持ちするのではと考えられることも多いのですが、これには様々な理由があります。

 

テレビのアンテナは表面に溶融亜鉛メッキが施されており、この亜鉛が腐食してしまうまでは内部の金属が錆びる事はありません。

 

この溶融亜鉛メッキの耐用年数が10年から15年と考えられており、その後は金属部分が錆びてくるためその性能が劣化することになります。

 

映りが悪くなったり、特定のチャンネルを受信できなくなるといったトラブルが発生することも多いので注意が必要です。

 

またテレビのアンテナはワイヤーなどで固定することも多いのですが、このワイヤーが腐食して位置がずれてしまうことも少なくありません。

 

10年に1度は点検を行い、その状態を確認することが美しい状態でテレビを見るために大切であるとともに、落下などを防ぐためにも重要なポイントとなっています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.