ブログ


意外と気がつかない!?水漏れ発生の予兆!:内部での水漏れ

家のトラブルで特に多いのが、水まわりのトラブルです。

 

水まわりのトラブルは、放置していると大きなトラブルに発展します。

 

見てすぐにわかる水漏れなら発見しやすいですが、水が滲み出ているようなケースは気付きにくいです。

 

内部の水漏れには注意しないと、周囲にカビが発生し悪臭の原因にもなります。

 

水によって建物を支えている柱が腐ると、シロアリが発生するリスクが出てきます。

 

シロアリが発生すると壁や床板はもちろん、家の構造まで被害が及びます。

 

壁や床材を取り替えるだけでも費用がかかりますが、家の構造にまで異常が発生すると大がかりなリフォームが必要になり費用も高額になります。

 

マンションやアパートの場合、水漏れの被害が下の階まで及ぶと訴えられる可能性もあります。

 

水が漏れ始めてすぐに発見できれば、部品を交換する程度の費用で済みます。

 

内部の水漏れは外からでは見抜くのが難しいですが、ある程度の漏水であれば水道メーターを調べるだけで発見できます。

 

水道メーターにはパイロットと呼ばれている部分があり、水道を使っている場合は動いています。

 

家の蛇口を全て閉め、水を使用していない状態にしてからパイロットを確認します。

 

パイロットが少しでも動いていれば、どこかで漏水している可能性があります。

 

漏水の疑いがある場合は、水道工事専門の会社に連絡して修理してもらいます。

 

ある程度の漏水であれば水道メーターで確認できますが、じわじわと水が漏れているケースは確認が難しくなります。

 

漏水しやすい部分を事前に把握しておくと、毎日のチェックで水漏れがひどくなる前に発見できる可能性があります。

 

トイレの場合は配管の接続部分、トイレのタンクまわりをチェックします。

 

キッチンの場合は蛇口の接続部分とシンク下の排水管を細かく調べます。

 

浴室は浴槽やタイルのひび割れ、蛇口の接続部分を重点的にチェックします。

 

長年使っているシャワーホースなら、ホース部分も点検しておきます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.