ブログ


マンションで雨漏りがする場合には

マンションは集合住宅であるからこそ一戸建て住宅のように雨漏りが生じにくいと考えられる事は珍しくないものの、実際には同様に生じますし集合住宅特有の理由も関係しやすいです。

 

雨漏りが生じる理由は自らのミスや業者のミス、老朽化に分ける事ができ自らのミスとして挙げられるのが窓を開けた状態のまま外出し、外出中に降り出した大雨により内部が浸水し下の階に雨漏りを生じさせる事です。

 

同じく自らのミスとしてはベランダの掃除を行わなかった事による詰まりもあり、マンションに設けられている事が多いベランダには雨水を排水するための排水管が存在するので、定期的に掃除をしなければ詰まってしまいます。

 

排水管が詰まると行き場を失った雨水が室内に入り込む事があるため、内部に土または枯れ葉などが詰まってしまわないように定期的に掃除をする必要があります。

 

そして、普段の雨では気が付かなくても台風のように著しく強い雨や風が発生した時、壁や窓から染み出るようにして雨漏りが起こる時は業者が行った工事が徹底されていない事が理由です。

 

業者が窓枠の隙間などを埋めるシーリング材を適切に使用していなかったり、全く使用していない事があるので専門家に確かめてもらうようにしましょう。

 

そのように、シーリング材の有無を確かめた時にしっかりと施工が行われていたとしても、マンションの築年数が長い場合は物件の老朽化により問題が起こっている事もあります。

 

マンションと一戸建て住宅で大きく異なるのは木造もしくは鉄筋コンクリートといった差異であり、鉄筋コンクリートは耐久性が高いものの年月が経過するとひび割れが起こりやすいです。

 

ひび割れが起こるとひびの所から雨水が入り雨漏りに繋がるため、ひび割れにより雨水が侵入してくる時には管理組合などに相談しましょう。

 

また、マンションで生活をしている時に水が入ってきた時には慌てずに入ってきている水を受け止めるべく容器を設置しつつ、管理会社や管理組合に早めに連絡をします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.