ブログ


雨漏り対策の為に行っておきたい事

雨漏りは天井から水が落ちてくる事例に限らず、窓などから入り込んでくる事例もあるため対策を行う時は生じている理由をはっきりとさせてから、各々の場所に適する方法を行います。

 

天井から水が落ちてくる時には、水滴が落ちてくる場所にバケツなどの水が溜められる容器を起きますが、容器は床の上に直接置くのではなくレジャーシートまたは新聞紙の上に置くようにしましょう。

 

また、バケツの中に何も入っていない状態だと落ちてくる水滴によりバケツの周りが水で濡れてしまうため、中の底の部分に新聞紙もしくはタオルを入れておくと予防できます。

 

一方、天井からは雨漏りはしていないものの窓の枠にシミができたり雨水が吹き込んでくる時には、網戸の位置を動かすだけで入り込まないようにさせられます。

 

このように雨漏りが発生しても簡単な対策を行うだけで水濡れやシミなどの拡大を防ぐ事ができますが、雨漏りを引き起こしている根本的な点についてアプローチをしなければ雨が降るたびに同じ対処を求められたり、年月の経過によってますます様相が進行する事もあるため、早めに業者に依頼する事も大事です。

 

そして、雨漏りは次々と室内に水滴が入り込んでくるので焦燥感により住人が自ら屋根に登り釘などを用いてシートを固定したくなるものですが、屋根に釘を打つと打った場所が新たな雨漏りのきっかけになるため、釘を使用した対処は行わないのが安心です。

 

雨漏りが発生する事例として最も多いのが屋根ですが、屋根から発生する場合は敷いてある瓦にずれが生じている事が理由です。

 

瓦は定期的に職人にケアを施してもらう必要がありますが、台風などにより強い風が吹き付けた時にはますますずれが生じやすくなるため、天候が悪かった時にはより一層目を向けるようにすると早期発見に繋がります。

 

さらに、壁紙にシミが生じている時などはサイディングボードまたはレンガなどの壁材の防水加工が低下している事が理由なので、壁材の状態を中心に雨漏りを引き起こさない解決策を行いましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.