ブログ


加湿器なしで乾燥を防ぐ方法を探す

部屋の乾燥を防ぐ方法としては加湿器が一般的です。

 

しかし一部屋に一台を用意するのが難しい家庭も多いと思いますから、使わない方法も覚えておくといいでしょう。

 

簡単かつ効果が高い方法としては洗濯物の部屋干しがあります。

 

洗濯物が乾く過程で、空気中に水分を放出しますから室内が潤います。

 

はっきりとした効果が感じられますから、晴れの日でも潤いが欲しかったら部屋干しにするといいでしょう。

 

もし洗濯物がすでに乾いていたり、なかったりするときは濡れタオルをつくってハンガーで干す方法も有効です。

 

部屋を汚さない程度にルーズに絞っておくと効果が高いです。冬の乾燥がひどい日にはそれでも1日で乾いてしまうことがあります。

 

タオル以外のものを使うなら、新聞紙がおすすめです。

 

濡らした新聞紙を花瓶などに立てておくことで、部屋に潤いをもたらしてくれます。花の形をした紙束を湿らせるタイプの簡易加湿器と同じ働きをしてくれます。

 

部屋干しやタオル、新聞紙の効果を倍増させる方法があります。

 

それはサーキュレーターを使って室内の空気を循環させることです。部屋の中に暖かいところと寒いところがあるように、湿度にもムラがあります。

 

それをサーキュレーターで均すことで、乾いた空気が潤うのです。

 

サーキュレーターに比べて効率が悪いですが、扇風機を使うのもいいでしょう。

 

水が自然に蒸発するのを待つだけでなく、積極的に蒸気を発生させるやり方もあります。

 

代表的な方法は灯油ストーブの上にヤカンを置くことです。

 

昔は多くの家で行われていた方法ですが、暖房方法の変化や加湿器の普及によって目にする機会が減りました。

 

ただヤカンを置いておくだけだともったいないと思う場合には、ヤカンの中に麦茶や烏龍茶のバッグを入れておく選択肢もあります。

 

部屋の乾燥を防ぎながら、リーズナブルなお茶を煮出してくれるのです。

 

ただし天板が熱くなるタイプの灯油ストーブは、子供が火傷をおったり、火災が発生したりするリスクが高いです。使い方には十分注意する必要があります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.