ブログ


雨漏り対策の為に行っておきたい事

雨漏り対策には、事前に問題の発生を防ぐ事と、発生に備える2つのパターンがあります。

 

前者は天気の良い日に家の各部を確認して、雨漏りが起こりそうな場所を特定したり、すぐに修繕できなくても応急処置をする事がポイントとなります。

 

一方の後者は、雨漏りが発生すると仮定を行い、実際に起こっても速やかに対応できる準備をする事です。

 

いずれにしても、家の老朽化している部分は定期的に修繕したり、根本から発生リスクを解消する対策が重要です。

 

しかし、リフォームの計画や予算の都合もあるので、誰もがいつでも簡単に問題の解決を図れるとは限らないです。

 

そこで必要になってくるのが、被害が発生しても最小限に食い止める為の対策です。

 

防水シートは広範囲の雨漏りを防ぐのに有効で、使わない時に折りたたんだり丸めて保管できる点が優れています。

 

使う場合は速やかに広げられますし、何よりシワになりにくくピンと張る事ができるのが魅力的です。

 

防水シートは屋外向けですが、吸水性のあるシートは屋外だけでなく室内でも使えるので便利です。

 

ポタポタと水滴が垂れるタイプの雨漏りは、ベタですが風呂桶やバケツ、ペットボトルなどの容器で受け止めるのが得策です。

 

これらはどの家庭にも存在しますし、身近にあるものが使えますから、特に用意をする必要はないでしょう。

 

雨漏りには必ず水の侵入経路があるので、入口部分の対策を行わないと結局は建物に水が入り込み、内部を流れてどこかで漏れ出ます。

 

最も雨漏りのリスクが高くなるのは屋根の老朽化で、瓦屋根だとズレたり隙間ができた部分から雨水が入り込みます。

 

瓦屋根以外の場合も、ヒビ割れができて広がっていけば、雨が降る度に少なからず浸入するでしょう。

 

理想はやはりプロによる修繕ですが、市販の商品を使ってDIYの応急処置をしたり、コーキングで隙間を埋める対策もあります。

 

屋根に問題がないとしたら、雨樋に落ち葉や埃などのゴミが溜まっていたり、壊れて漏れ出る可能性があるので、こちらを清掃したりメンテナンスを行う対策が有効です。

 

壁や屋根との境目から浸入するケースもあるので、屋根と同様にシートで覆うかコーキングなどで対策する事になります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.