ブログ


ウォーターサーバーの水は安心できるのか?

一般的に水を長時間にわたり常温で放置すると、空気中の雑菌が付着するのでばい菌が繁殖して食中毒の原因になります。

 

水道水は浄水場から家庭まで常温で排水されていますが、消毒用のカルキを加えることで雑菌の繁殖を抑えています。

 

ペットボトルのミネラルウォーターにはカルキが含まれていないので、開封後は冷蔵庫で保管して早めに消費することが求められます。

 

ウォーターサーバーの水はカルキが含まれていないミネラルウォーターで、製品によっては常温です。

 

それでもボトル交換や使用時にマニュアルの通りに操作をして、メーカーが定めるメンテナンスをきちんと実施する限りは安心して利用することができます。

 

開封前のボトルの中の水は厳しい安全基準をクリアした純水で、容器内に空気中の雑菌が混入しないように無菌状態で封入されています。

 

水タンクを交換する時も、マニュアル通りに操作をすれば雑菌に触れることなくサーバーにタンクをセットすることができます。

 

水を使用するとタンク内に空気が入ることになりますが、エアフィルターを通すことで空気中の雑菌がタンク内に侵入するのを防ぐ仕組みです。

 

サーバーの蛇口付近は大気に接していますが、定期的に清掃をすることで安全性が確保されます。

 

ウォーターサーバーの水は常温で保管している場合でも、ボトルやサーバーを正しく取り扱うことで安心して利用することができます。

 

ただし、定期的なメンテナンスを怠ったり間違った仕方でボトルを交換すると雑菌が混入する恐れがあり、食中毒の危険性があります。

 

ウォーターサーバーの水を安心して利用するためには定期的なメンテナンスや、正しい扱い方をすることが大切です。

 

ちなみに交換ボトルはサーバーにセットしなくても開栓して水を取り出すことができるようになっていますが、これは災害などの非常時に備えたものです。

 

ボトルの栓を開封すると水に空気中の雑菌が混入してしまうので、この状態でサーバーにセットすると汚染されてしまいます。

 

非常時を除いて、サーバーにセットしていない状態でボトルの栓を開けないように注意しましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.