ブログ


雨漏りした際の応急処置について

一言で雨漏りとは言っても発生する箇所により応急処置の方法には差異があるため、作業を行う時には発生している箇所の特定した上で最適な応急処置を施す事が大事です。

 

最も雨漏りが発生する機会が多い天井の事例ではバケツと雑巾、新聞紙を用意して発生している箇所の床面に新聞紙を敷いてからバケツを置きましょう。

 

新聞紙を敷いているので床面に落ちてきた水が飛散る事は予防できるものの、バケツの中の水の量が増えてくるとより一層周囲に飛び散りやすくなるため、バケツの中に雑巾を入れておくと水しぶきが飛んでしまう事を予防できます。

 

また、雨が降った時に窓の周辺などから雨漏りが生じる時には天井の時と同様に雑巾を用意しつつビニールシートも用意しましょう。

 

そして、窓の周辺にて雨漏りが生じている時に応急処置を施す際に大切なのは日頃使用しているカーテンを外す事なので、カーテンを外してから水で濡れている箇所に雑巾を置きます。

 

そのように早めにカーテンを取り外しておくと、水に濡れた事によってカビが生じてしまう事が予防できますし、応急処置もしやすくなります。

 

さらに、雨漏りが天井や窓の周辺のように室内空間にて生じているのではなく屋根に原因がある時には業者に依頼する事が安心ですが、個人的に応急処置を行いたいのなら1人では行わずに2人以上で行うようにしつつ、雨天時ではなく晴天時の屋根が乾いているタイミングを選ぶ事が大事です。

 

屋根に安全に上がる事ができるタイミングを選び屋根に上がった時にはブルーシートや土のう袋、テープを用意して応急処置を施していきます。

 

屋根は面積が広い上に室内のように雨水が染み出している部位が特定し難いという特性上、屋根に上ったものの雨漏りが生じている箇所が特定できない事例が珍しくないですが、場所が特定できない時にはブルーシートをできるだけ広い範囲に敷くと良いです。

 

加えて、土のう袋の中は粒が細かいタイプを選ばないようにすると大雨が降った時に泥水にならず安心です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.