ブログ


ウォーターサーバーのメリットやデメリット

ウォーターサーバーの主なメリットですが、

 

・いつでも冷水やお湯が使える

・料理にも美味しい水を使うことができる

・重いペットボトルの水を買ってくる手間が不要

 

の3つが挙げられます。保温または冷却機能が付いたサーバーを利用すれば、いつでも冷たいまたは熱い水が使えます。

 

お茶を飲みたい時や、調理のために急いでお湯を沸かしたい時に便利です。

 

ペットボトルの水は、開封後に冷蔵庫に入れて保管しなければなりません。

 

多くのボトルを冷蔵庫に入れておくことはできず、飲む分だけを冷やすことになります。

 

これに対してウォーターサーバーであれば冷蔵庫に保管する必要がないので、大量の水を使いたい時に便利です。

 

そのため、料理でミネラルウォーターをたくさん使うことができます。

 

ウォーターサーバーはい定期的にボトルを自宅まで配達してもらえるので、重いペットボトルの水を買って持ち運ぶ手間が省けます。

 

ボトルが空になれば交換をしなければなりませんが、大容量なので交換頻度が少なくて済みます。

 

ちなみにボトルを自宅にストックしておけば、災害時に備えて非常用の飲料水を確保することもできます。

 

ウォーターサーバーは、ペットボトルの水を購入する場合と比べてデメリットが存在します。

 

主なデメリットとして

 

・ペットボトルや浄水器よりも費用が高い

・サーバーやタンクを置くための場所が必要

・サーバーのメンテナンスやボトル交換の手間がかかる

 

の3つが挙げられます。

 

ウォーターサーバーを利用すると、ペットボトルの水をスーパーやディスカウントショップに買いに行く場合よりもトータルコストが高くなってしまいます。

 

サーバーを設置する場所に加えて、使用前の交換用のボトルを保管するためのスペースも必要になります。

 

ただし、ペットボトルの水をまとめ会する場合も保管場所が必要であることに変わりがありません。

 

サーバーは雑菌の繁殖を防ぐために、定期的にメンテナンスを受けたり部品効果が必要になります。

 

ボトルが空になったら、自分で交換をしなければなりません。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.