ブログ


冷風機はエアコンの代わりとなりうるのか?

住宅の事情によりエアコンがなかったり、取り付けができないという住宅に住んでいる人も多いかもしれません。

 

近年日本は夏場にかなりの暑さになることから、エアコンがなければ生活できないという人も多いことでしょう。

 

このような場合には、エアコンの代わりになるものが求められます。

 

代わりとなる冷房機にはさまざまなものがありますが、その一つが冷風機と呼ばれるものです。

 

そもそも冷風機とはどのようなものなのかというと、エアコンとほぼ同じ機能を有している冷房器具のことを指しています。

 

入ってきた空気を冷やして放出し、使用した空気は熱とともに排出するシステムです。

 

これはスポットクーラーや小型クーラーなどとよばれているものであり、気軽に持ち運びができるのが一つのメリットと言えます。

 

仕組みとしてはエアコンと同じになっているので、冷風が出てくる場所からは、心地の良い風が放出されることになります。

 

同じような冷房器具として、冷風扇と呼ばれるものがありますが、これは水が蒸発する際の気化熱を利用して冷風を出すものを指しています。

 

冷風機の場合にはこれとは異なり、気持ちの良い風が吹くのが一つの特徴です。

 

しかし、冷風機にもデメリットがあることを覚えておかなければなりません。

 

エアコンと同じようにコンプレッサーを使っているので、長時間使用していると、電気代はかなり高額になります。

 

また排熱や放出するためのダクトを換気できる状況でなければ、冷風機を使用していたとしても、室温は全く変わることはありません。

 

使いどころはやや難しく感じるかもしれませんが、上手に活用することによって非常に快適に過ごせる可能性が高く、エアコンの代わりとしても十分に機能性を果たすことでしょう。

 

そのほかにも窓用エアコンやサーキュレーターと凍らせたペットボトルなども、工夫次第で十分に対応することができます。

 

その中でも冷たいものに風を当てるテクニックはかなり有効であるため、一度試してみると良いでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.