ブログ


エアコンの節約術について

気温が高くなる夏場や、逆に低くなる冬場のシーズンには、部屋のエアコンが大活躍します。

 

ただし使用時間も長くなるため、心配なのが光熱費。特に複数台を設置しているお宅では、光熱費が家計を圧迫することにもなりかねません。

 

そこで光熱費を安く済ませるためにも、エアコンの節約術をマスターすることが求められます。

まず手軽に実行できるのが、設定温度を変えることです。

 

冷房であれば設定温度を1度上げると約13パーセントの節電、暖房なら1度下げることで約10パーセントも節電できると言われています。

 

実際に環境省では、夏場の室温を28度に、冬場の室温は20度になるように、温度の設定を推奨しています。

 

エアコンの光熱費を節約でよく議論になるのが、こまめに電源をONとOFFを繰り返すべきか、あるいはONのままにしておくのがよいのかという点。

 

結論からいえば、ケース・バイ・ケースと言わざるをえません。

 

一般的なエアコンで最も電力を消費するのが、電源をONにしてからの約10分間です。

 

あらかじめ設定した温度にできるだけ近づくように、この時間帯に機械がフル稼働するためです。

 

したがって少しの間だけ部屋を空けるという理由で、電源のONとOFFを繰り返せば、それだけで電力消費もアップしてしまいます。

 

その一方で、長時間にわたり誰もいない部屋で電源をONのままにしておくのも、無駄な電源を消費していることになります。

 

いずれにしても、エアコンを必要とする時間や状況をよく見極めた上で、電源のONとOFFを決めることが肝心です。

 

部屋の隅々まで効率的にエアコンの風を行き渡らせることも、光熱費の節約につなげる重要なポイントになります。

 

そこで活躍するのが扇風機やサーキュレーターです。

 

例えば、夏場にエアコンがなかなか効かないと感じても、すぐさま設定温度を下げるのではなく、強風にした扇風機を自分の方へ向けるなどして、エアコンの風と相乗効果を図ってみるものよいでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.