ブログ


エアコンの電気代の節約方法

近年の日本は、夏場になると40度近くになる日もあり、エアコンを欠かすことはできません。

 

とはいえ毎日使うとなると、やはり気になるものとして電気代があげられます。

 

できることならば、上手にエアコンを使いながら、電気代を節約していく方法を身につけていきたいものです。

電気代の節約方法にはさまざまなものがありますが、その一つ目が設定温度を一度だけあげてみることです。

 

暑く感じるかもしれませんが、設定温度を一度上げるだけでも、エアコンの負担が軽減されるため、電気代が安くなります。

 

これは節電方法の定番としても定着しているものです。

 

一度上げると暑くてつけている意味がないと思う人も多いかもしれませんが、そのような場合には、エアコンの下に扇風機を置いたりサーキュレーターで部屋中の空気を循環させるなどの工夫をしてみましょう。

そしてカーテンを有効活用するのも一つの手段といえるでしょう。

 

冬の寒い時期に窓辺で直射日光をければ、暖かくなってくることでしょう。

 

それが部屋の空気にも同じようなことが言えます。

 

つまり直射日光が当たると部屋の空気は暖まってしまうのです。

 

エアコンが部屋を冷やしているのにもかかわらず、太陽が部屋を暖めていれば、電力は無駄になってしまいます。

 

この対処として、カーテンをしっかりとしめておくことが望まれます。

 

この時にカーテンのすそを長めにしておくことも一つの手段となります。

さらには電気代がもったいないからといって、こまめに電源を切っている人もいるかもしれませんが、この点に関しても注意が必要です。

 

実はエアコンはつけっぱなしの方が電気代が安くなるといわれています。

 

温度を一定に保つためにはそれほどエネルギーは必要ではありません。

 

エアコンを切ると部屋の温度がまた上がってしまい、次にエアコンをつけるともう一度エネルギーを使って室温を下げなければなりません。

 

これが電気代の無駄につながります。とはいえ3時間以上外出する場合には、電源を切るというように、うまく使い分けると良いでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.