ブログ


トイレのつまりが原因の水漏れ修理の前の応急処置って?

トイレがつまって水漏れが生じた場合、多くの場合は修理を業者に依頼することになるでしょう。

 

しかし、すぐに業者に来てもらえるとは限りません。深夜や定休日なので対応していないケースなどもあるので、ある程度は自分で応急処置をしておく必要があります。

 

まずは漏れている箇所を特定することが先決です。

 

水の量にもよりますが、給水管と排水管から滴っているのが一般的です。

 

その場合は、対象の管に対して水漏れ修理を実施することになるので、応急処置もその管に施す必要があります。

 

目視や感触によって箇所を特定したら、まずはその下に底の浅い容器を置いて、水が床に滴ることを防ぐ対策をしておくと安心です。

 

ちょうど良い容器がなければ、バスタオルなど吸水性の高いものを敷くという方法があります。

 

そうして時間的な余裕をつくったら、水漏れの箇所をより詳細に確認していきましょう。

 

そうすると接合部から滲み出ていることが分かる場合があります。

 

この場合、接続のためのナットが緩くなっている可能性が高いです。

 

何らかの原因で緩んでいき、つまりの影響で漏れてしまうことは珍しくありません。

 

同様にバブルの閉まり具合が悪くて同様の現象が起こることもありえます。

 

いずれにせよ、これらのケースでは締め直すことで水漏れを止められるかもしれません。

 

しかし、しばらくすると再び緩んでくる恐れがあります。

 

接合部の形が歪むなど、何らかの好ましくない現象が生じるのはよくあることです。

 

したがって、これはあくまでも応急処置であることを理解して、その後に業者に接合部を詳しくチェックしてもらいましょう。

 

また、ナットなどが締まっているのに水が漏れていることも少なくありません。

 

この場合はいろいろな原因が考えられますが、そのなかでも特に多いのはゴムパッキンの老朽化です。

 

古くなって穴があいたり断裂したりするケースも見受けられます。

 

こちらのケースでは、止水栓をいったん止めて水の供給をストップすることが応急処置になります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.