ブログ


火災保険の賢い選び方:通常の火災保険での補償範囲

火災保険は家のローンを組む時に強制的に加入することが多いですが、実際にどの程度の保障範囲となっているかがわからないことがあります。

 

火災保険は損害保険の一つであり火災はもちろんのこと、落雷や風水害などによって生じた建物や家財の損害を補償するものです。

 

家における生命保険のようなものであり、建物は家そのものだけでなく、付帯している門や塀、物置まで含まれており、家財は家具や衣服を指しています。

 

実際に住宅に火災や風水害が起きた場合、建物の補償は国や都道府県が補助金を出してくれることがありますが、家財に関しては補償されないことも多いです。

 

さらに家を再建するには違う場所に住まなくてはならず、その間の費用は莫大なものとなります。

 

もしもの時に備えるための保険であり、加入しておくことで安心して日常を過ごすことができます。

 

火災保険での保障範囲は火災や落雷、破裂や爆発、風災や雪災、雹災、漏水による水漏れや水災、盗難や集団行為などによる暴力行為、建物外部からの物体の落下や飛来、衝突となります。

 

火災は自らが失火した場合だけでなくもらい火も含まれますし、落雷においては火災に至らなくても家電製品がショートなどをしてしまった時も適用となります。

 

近年多い水災においても床上浸水の際には建物と中の家財道具に関して補償を受けることができます。

 

さらには強風によって窓ガラスが割れた、その窓ガラスから雨が吹き込んで家電製品が使えなくなったという場合も範囲となります。

 

ただし、火災保険においては地震がきっかけとなる損害は補償の対象外となります。

 

地震による津波や噴火によって火災や破損、家具の流失が起きた場合は補償を受けることができません。地震には地震保険というものがあり、新たに別のものに加入する必要があります。

 

さらに火災などの災害は建物だけに起こるわけではなく中にある家財も損害を受けることが多いです。

 

そのため火災保険を組む場合に、建物や家財のみだけでなく建物と家財両方に加入することが大切となってきます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.