ブログ


アンテナのメンテナンスと交換時期

自宅の屋根などにあるアンテナは電波を送信受信するためにあり、電波が必要なテレビやスマートフォン、携帯電話やラジオなどの無線機を利用する際に必須だといわれています。

 

アパートやマンション住まいの方などは、画面を写すテレビ自体に電波を受信出来る機能があるとイメージしている方は多いですが、家の上にアンテナを設置することで、電波を拾いケーブルを伝ってテレビなどの無線機に映像を届けているシステムです。

 

ただ一度設置したアンテナは屋外にあるため、長く使用していることで部品や土台、針金の支線などが錆びてしまったり、アンテナが倒れてしまい一部の素子が破損してしまうなどのトラブルが起こりやすくなります。

 

そのため一般的に寿命は約10年だといわれ、条件によっては10年を過ぎても使用することができますが安全や画質などを考慮した上で、設置してから10年経過しているなら一度メンテナンスを行うことが必要となります。

 

特に海が近い家などは潮風の影響を受けやすく、部品や土台が錆びやすくなる傾向にあります。

 

そのため海に近い場所に家があるなら10年経っていなくてもこまめに点検をしメンテナンスを行うことが必要です。

 

メンテナンスはアンテナを設置した専門業者に依頼することで行ってもらえます。

 

個人で行う方もいます屋根の上など非常に高い位置に設置されているので、自分で対処するのは非常に危険なので工事のプロの目線でチェックしてもらうことで未然にトラブルを防ぐことができます。

 

専門業者に連絡する際には、自宅で設置している種類を把握しておくと業者側にもどのようなメンテナンスが必要か判断しやすいので形から種類を把握しておきましょう。

 

現在利用されているのはや地デジ対応のタイプと、BSとCS対応タイプ、4K8K対応タイプに分類されます。

 

また新築で家を建てたという方は、同時にアンテナを設置した時期を把握しておくと交換時期もチェックしやすくなります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.