ブログ


エアコンが冷えないときの原因と解消法とは?

今日ではエアコンが導入されている家庭は非常に多く、夏になるとあちこちの家庭で暑さ対策として用いられます。

 

しかし、ときにはエアコンをつけているのになかなか冷えない状況に遭遇する場合があります。

 

その原因としてまず考えられるのは「設定の間違い」です。

 

リモコンで室内の温度設定などを変えたのを忘れてしまったまま放置をすると、ぜんぜん冷えないどころか逆に温まっていってしまう可能性があります。

 

エアコンを使い始めるときは、まずは設定の確認と調整を行いましょう。

 

設定がおかしくなっていないのにエアコンが冷えない場合、原因として考えられるのは「本体の汚れ」です。

 

エアコンの汚れには、室内機につくものと室外機につくものの2つのパターンがあります。

 

室内機の汚れの多くはフィルター・フィン・ファンにたまるホコリで、付着する量が多くなってくると空気の吸い込みや風通し、冷却効率がすべて悪くなります。

 

フィルターは定期的に新品に交換し、フィンやファンの汚れはホームセンターなどで販売されている専用クリーナーをつかって落とすことで、本来の性能に近い状態まで戻すことができるでしょう。

 

一方、室外機の汚れの原因はホコリや砂、雨粒など様々で、汚れの量が多くなるとたまった熱を外に逃がしにくくなり、室内機の冷却性能にも影響を与えます。

 

外側やフィン、水抜き穴を専用のクリーナーをつかって掃除をすればある程度放熱性能が回復しますが、なかなか取れなかったり、手の届かない場所や下手に触ると壊れてしまうような場所に汚れが生じている場合は、エアコンクリーニングを行っている業者にお願いした方が良いです。

室内機と室外機に目立つ汚れが無く、それでもエアコンが冷えない場合は故障をしている可能性があります。

 

購入した店や製造メーカーに問い合わせて、故障の内容を詳しく伝えた上で修理を依頼しましょう。

 

なお、設置してある程度年数が経過しているエアコンについては、修理用の部品が保管されていない可能性があるので注意が必要です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.