ブログ


エアコンの水漏れを放置するとどうなるの?

エアコンの室内機から水が漏れしているが対処法がわからないからそのままにしている、そんな人は意外と多いかもしれません。

 

エアコンの水漏れトラブルを放置していると、その後どうなってしまうのでしょうか。

水漏れトラブルが起きてしまう原因の多くは、ドレンホースの異常にあるといいます。ドレンホースは排水のために備わっているものであり、エアコンの運転によって生じた水を排出するといった役割を持っています。

 

このためドレンホースがホコリなどで詰まった状態になると、排水が進まなくなり水漏れトラブルが起きるのです。

 

何も対処せずに放置していると、ホースの詰まりが悪化してさらに被害が大きくなります。

 

内部に常に水がたまった状態となるため、カビの発生を招く恐れがあるでしょう。

 

カビが繁殖してしまったエアコンを稼働させると、室内の空気が汚れてしまいます。

 

そのまま使用し続けていると、気管支喘息や夏型過敏性肺炎などの病気を引き起こすことがあるため、注意が必要です。

 

またカビやホコリの影響で、エアコンの運転効率も低下してしまいます。設定温度を変えても室内の温度がなかなか変化しない、といった状態になり電気代がかさんでしまうのです。

エアコン内部にカビを生じさせないためには、水漏れトラブルを早期に解決する必要があります。

 

水漏れに気がついたら、まずはドレンホースが詰まっていないかを確認しましょう。

 

排出口を確認し、水に浸っていたり壁など障害物にあたっていないかチェックします。問題がないようなら、内部にホコリや汚れが詰まっているのかもしれません。

 

排出口付近に枯れ葉等が詰まっているのなら、割り箸などで取り除きましょう。

 

ドレンホースに異常が見当たらない、トラブルを解決できないといった場合は専門業者に依頼をするのがおすすめです。

 

水漏れを放置し続けていると、室内機や室外機の故障を招く恐れもあります。早めに対処して、トラブルを解決しておくことが大切です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.