ブログ


雨樋の交換(修理)の重要性って?

戸建て住宅には、屋根の縁の下側に雨樋が取り付けられていることが一般的です。

 

雨降りの日に屋根に降った雨を雨樋を通じて排水口に逃がすという役割があり非常に重要です。

 

雨樋は屋根の縁に沿って取り付ける横方向の水平管と、地面の排水口に雨水を流すための縦方向の配管を上手く接合して施工されているものです。

 

戸建て住宅にお住いの方は、定期的に点検を行い、落ち葉やゴミなどが溜まっていないかどうかを確認すると共に、雨水の流れを邪魔するものがあれば常に綺麗にしておくことで正しく機能するものです。

 

点検を行った際に、もしも雨樋に亀裂が入っていたり、破れて穴が開いている状態、平行管と垂直管の接合箇所が外れているような状態を見つけた際には、早期に雨樋を交換するか修理することが必要です。

 

この作業を怠ってしまうと雨水が排水口ではない場所に流れてしまうので、住宅の地盤が軟弱化してしまう可能性や、住宅の基礎の内部に水が溜まってしまう恐れもあります。

 

地盤や基礎部分に余計な水が入り込んでしまうと、住宅の床下にカビが生えてしまうリスクもあり、湿気を考えても健康上の問題としても良くはありません。

 

住宅自体の寿命も短くなってしまい、後から多額の費用が掛かるリフォームが必要になるという事例もあります。

 

雨樋が取り付けられている住宅は、それだけ重要なパーツとして活用しているものなので、破損している場合は早期に交換や修理を行うことは欠かせません。

 

小さな穴や亀裂の場合は一般的な雨樋は樹脂管で作られているので、対応するパテを用いて修理する方法や、耐水性に優れており、配管用として販売されているテーピングを巻く方法もあります。

 

この範囲であればDIYの作業でも修理は可能ですが、既に割れている部分が大きかったり、接合箇所が破損している場合はDIYの作業は中レベル以上と判断できることから、修理専門会社を通じて新しく交換をしてもらう方が安心です。

 

雨樋は屋根下と壁側に固定をしているものなので、パーツを壁に穴あけ加工を施して設置していることが多く、壁からの浸水の問題も浮上する可能性もあり交換や修理をきちんと行うことは重要です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.