ブログ


テレビのアンテナ工事で火災保険が使えるのはご存じですか?

屋根の上や屋上にアンテナを設置していると、注意したいのが強風や豪雪などの災害です。

 

台風の影響で強風が吹くとアンテナが飛ばされたり、大量の雪が積もると重みで折れてしまう可能性があります。

 

もしアンテナが風や雪の影響で壊れてしまうと、テレビも映らなくなり情報を入手できません。

 

全く映像が見えなくなるまでではなくても、止まったりゆがんでいたりなど満足に見えなくなるでしょう。

 

映像に問題がある場合は、アンテナを立て直して調整するだけで元に戻ることもあります。

 

そのため問題がある場合も自力で治せる可能性もありますが、ポールやエレメントに問題があると素人では直せません。

 

本格的な修理が必要になるので、アンテナ工事のプロに依頼するのが一般的な流れです。

 

テレビが映らなくなりアンテナ工事をするときには、火災保険が適用されないか確認しましょう。

 

火災保険は火災に関係する被害のみを補償するものだと思われがちですが、実際には多くの災害に対応しています。

 

そのためたとえば台風による強風でアンテナが折れてしまったときも、火災保険でカバーできる可能性があります。

 

強風が原因で故障したら風災補償、雪の重みで折れたら雪災補償が適用されるケースもあり、修理費用をゼロ円にすることが可能です。

 

保険が適用されれば費用は大幅に抑えられるので、使わないのは損と言えるでしょう。

 

工事業者に依頼する前に、必ず適用されないか確認をとるようにしてください。

 

しかし災害でアンテナが壊れテレビが映らなくなったら、必ず火災保険が適用されるとは限りません。

 

たとえば一部には強風や積雪でアンテナが故障した場合、適用されないと明記されている保険もあります。

 

 

またフランチャイズ方式の場合も、アンテナ工事で適用されない可能性はあります。

 

フランチャイズ方式とは、損害額が一定以上になった場合に保険が適される仕組みです。

 

フランチャイズ方式の場合は、たとえ自然災害でアンテナが故障しても他の部分に問題が発生していないなら、損害額が決められていた金額を超えない場合があります。

 

基本的には被害がアンテナだけなら決められていた金額を超えないので、その場合は補償を受けられません。

 

このように強風や積雪などの自然災害でアンテナが壊れてテレビが映らなくなったときは、火災保険でアンテナ工事ができる可能性があります。

 

必ず保険内容を確認して、適用されるなら保険会社に連絡をしましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.