ブログ


テレビのブースターが故障したかも?と疑うべき症状とは?

テレビのブースターは電波が弱い時にそれを増幅する機能を果たすため、これが故障すると電波の入りが悪くなりテレビの画像が乱れたり、正常に映らないと言う現象が発生します。

 

しかし、中には不要な電波を増幅してしまい、悪影響を及ぼしてしまうことがあるため注意をしなければなりません。

 

基本的に画像が映ったり映らなかったりと言う場合には、故障ではなくその出力が強すぎると言うことも考えられるため、出力調整がある場合にはその出力を加減してみるのが1つの方法です。

 

さらに、出力を上げてしまうと様々な電波を発生させ干渉させてしまうこともあるため十分に注意をしなければなりません。

 

この場合には近くのテレビの特定のチャンネルだけが受信できなくなってしまうと言うこともあるため注意が必要です。

 

ブースターの原理は、アンテナ等で受信した電波が弱い場合にこれを増幅してテレビに伝える役割を果たしています。

 

そのため、一緒にノイズも増幅してしまうことから、場合によってはこのノイズがテレビに伝わり上手に映像を表示することができないケースもあるため、この場合には画面が乱れたり、荒い映像となることが考えられます。

 

これは故障ではなく、出力が強すぎるときに発生する症状であることが多いので、この際にはブースターの出力を弱めるか、もしくは異なるものに変換をすることも必要となります。

 

またアンテナから接続するアンテナ線がノイズを拾ってしまうこともあるため、この点にも注意をしなければなりません。

 

ブースターが故障してしまった場合には、基本的には全くテレビが映らないと言う現象になることが多くなっています。

 

少しでも映っているようであれば、誤動作をしている可能性が高く、この誤動作の原因がノイズである可能性が高いため、接続するケーブルを変えてみるのが良い方法です。

 

最近ではデジタル放送となったため、信号を増幅しなくてもテレビ側で正常に再生をすることが多く、逆に増幅をしてしまうと映像が乱れてしまうと言うことも少なくありません。

 

そのため、映像が乱れているからといってすぐにブースターを取り付けるのではなく、他のチャンネルの映像なども十分に確認をした上で、行うことが必要となります。

 

万が一これが故障してしまった場合には基本的にはテレビが映らないと言う現象を示すほか、すべてのチャンネルが映らないと言う症状になるため、そうでなければ他の原因があると考えられるのです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.