ブログ


テレビアンテナがずれた!すぐにやるべき対処法とは?

台風など強風が吹いた後にテレビをつけると、「受信できません」「アンテナレベルが低下しています」などのメッセージが表示され、テレビが映らないことがあります。

 

これは、テレビアンテナがずれたことによって電波が受信できないことが原因です。

 

このようなことが起きた場合は、テレビアンテナを正しい向きに直すことが大切です。

 

自分で治す場合のポイントは、地デジアンテナか、BSまたはCSアンテナかによって対処方法が異なります。

 

地デジアンテナの場合は、電波は電波塔から繰るため、電波塔の方角を確認してアンテナの角度を調整します。

 

電波塔の方角がわからない場合は、周囲の家を見て合わせるのも手です。

 

この場合、アンテナを向けるのは、くの字に曲がったほうではなく、まっすぐになっているほうを向けることが大切です。

 

BSやCSのアンテナの場合は、アンテナが衛星のほうを向くよう調整します。

 

なお、BSやCSのアンテナは天候によって電波が弱くなることがあるので、晴れた日に調整すると良いでしょう。

 

アンテナは衛星の方角にしっかりあっていないと電波の受信ができないので、まずは大まかに方角を合わせてから、少しずつ動かして調整します。

 

いずれのテレビアンテナの場合も、調整してもテレビが映らない場合は、ずれただけではなく、故障している可能性があります。

 

そのような場合は、専門の業者に頼むことがおすすめです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.