ブログ


テレビが映らないときに相談するのは誰がいい?

テレビが映らないトラブルは多いですが、事前に対処法を知っているとトラブルが起こっても慌てずに済みます。

 

突然テレビが映らない場合に、画面にエラーコードが表示されるケースがあります。

 

エラーコードが表示された場合は、電波の受信に不具合が起こっています。アンテナレベルの低下もテレビが映らない原因のひとつで、アンテナレベルを高めると状況が改善する可能性があります。

 

テレビ端子とアンテナ端子を接続するケーブルに問題があると、受信した信号を伝達しにくくなります。

 

アンテナレベルが低い場合はケーブルの接続を確認し、問題があれば交換します。

 

ケーブルが長いと信号が減るので適切な長さのケーブルを導入し、できるだけシールド性の高いケーブルを選びます。

 

信号劣化を防ぐには、プラグに金メッキを施したケーブルが適しています。

 

テレビとテレビ端子の間にブースターを入れると、映りが改善するケースがあります。

 

ブースターには室内用と屋外用があり、屋外用は電波を大きく増幅できますがコストが高くなります。

 

室内用のブースターは気軽にアンテナレベルを増幅でき、環境に応じた設定が可能です。

 

集合住宅で何をやってもテレビが映らない場合は、大家や管理会社に連絡します。

 

アンテナ修理に実績がある専門会社や相談窓口、無料点検を利用する方法もあります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.