ブログ


tvを設置したけど映らないチャンネルがあるときの対処法とは?

tvを設置すれば通常は全てのチャンネルを視聴できるようになりますが、中には特定のチャンネルが映らず困ってしまう人もいます。

 

地上デジタル放送には様々なチャンネルがありますが、多くの地域で同じ送信場所から電波が発射されています。

 

電波には強さのレベルがありますが、送信時のレベルはチャンネルにより少し差があります。

 

周波数も使用しているチャンネルごとに異なり、周波数が高いほどレベルの落ち方が大きくなります。

 

電波は飛んでいる間に途中にある障害物の影響を受けますが、ほとんどの場合は視聴に影響はないです。

 

デジタル放送は一定のレベルで受信できていれば問題なく映りますが、一定のレベルを下回ると映らなくなります。

 

ギリギリの受信レベルで視聴を続けている場合は、レベルの低いチャンネルだけが映らない状態が生まれます。

 

特に天候が悪い日は、受信ができない現象が起こりやすくなります。

 

特定のチャンネルが映らない場合は、受信のレベルを上げると改善できる可能性があります。

 

手軽なのはブースターを使用する方法で、ブースターを設置すると受信信号を増幅できます。

 

屋内型のブースターなら簡単に設置できコストも抑えられますが、設備全体を改善したい場合は専門的な工事が必要になります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.