ブログ


テレビアンテナが折れた場合はどうしたらいい?

BSや地デジ、4K等を受信するために必要なテレビアンテナの寿命は、約10年から15年といわれていますが、折れた場合どのように対処したらよいか疑問を持つのではないでしょうか。

 

新しいテレビアンテナと交換する必要があり、倒れたテレビアンテナを撤去した後新しいテレビアンテナを組み立て、撤去した場所に取り付けてケーブルの配線を行わなくてはなりません。

 

配線を行った後はテレビが映るか確認し、ワイヤーで固定し終了となります。

 

テレビアンテナについては、アナログテレビ時代にVHFと呼ばれ魚の骨のよう形をした八木式アンテナや、BS放送等を見るためのパラボラアンテナが存在しますが、倒れやすいのは八木式アンテナとなります。

 

ケーブルの配線に関しては、テレビアンテナとテレビをケーブルで繋がなくてはなりません。

 

配線の途中で、テレビを受信する際使用するUHFを意味する地上波や、BSCSを意味する衛星波に対応した高周波用の増幅器となるブースターを挟む場合は、事前に用意しておく必要があります。

 

ケーブルでつないだ後は、テレビの電源を入れます。

 

設定画面からアンテナレベルを確認する必要がありますが、基準値はテレビメーカーによって違いがあるため、あらかじめ認識しておかなくてはなりません。

 

説明書に数値が記載されていますが、数値が低い場合はテレビアンテナの向きを調整したり、専用機器を導入しなければならない場合もあります。

 

アンテナレベルに問題がない場合は、向きをワイヤーで固定するとよいでしょう。

 

集合住宅に住んでいる場合は、共用の大きなアンテナを使用して電波をキャッチする場合が多いため、建物の管理者に相談するとよいですが、一戸建ての場合は修理を依頼しなければなりません。

 

交換する際どの程度費用が必要なのか不安を感じるかもしれませんが、台風等の自然災害でアンテナが倒れた場合は火災保険が適用される可能性があります。

 

加入している場合は、安心して交換することができるのではないでしょうか。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.