ブログ


台風でテレビのアンテナが倒れてしまったらどうすればいい?

台風の時に注意をしなければいけないのがアンテナです。強風で倒れてしまうこともあり、突然テレビが映らなくなることが考えられます。

 

もしも倒れてしまった場合、DIYで対処したくなるかもしれませんが、そもそもテレビアンテナを自分でいじっても問題はないのでしょうか。

 

実は設置自体については、資格や免許などが不要ですので、作業をやろうと思えばできないことはありません。

 

修理に必要な道具も、ホームセンターやネット通販などで買うことができるため、道具の準備も容易でしょう。ただ、自分で作業をするのは注意が必要です。

 

理由のひとつは、危険が伴う状況下での作業となることが多いからです。

 

多くの場合、アンテナは屋根の高いところに設置されていますが、不慣れな人がそのような状況で適切に作業を行うことは難しく、落下をして怪我をするようなケースも実際に起きています。

 

また、作業者自体は大丈夫でも、アンテナを落としたために事故が起きてしまう可能性もあるでしょう。

 

適切な設置ができない恐れがあるのも注意点のひとつです。

 

台風の影響でアンテナが倒れた場合、土台や設置器具もダメージを負っている可能性があります。

 

安全かつ、今後も正常に電波を受信するには、正しい設置が求められますが、知識や経験を持たない人が自己流で作業を行うと、上手く修復をできないことが考えられます。

 

こうしたリスクや難易度を考慮すると、アンテナトラブルの際にはプロの業者に依頼をするのがおすすめと言えそうです。

 

自分で行うよりも費用は高くなってしまいますが、自らを危険に晒す必要がありませんし、プロに任せておけば思わぬ事故が起きるリスクも格段に小さいなります。

 

適切に設置をしてもらえば今後、同様のトラブルに悩まされることも減るはずです。

 

なお、掛かる費用は依頼先によって異なりますが、2~5万円ほどが相場となっています。

 

極端に高額な費用が発生するわけではありませんので、比較的依頼も出しやすいのではないでしょうか。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.