ブログ


テレビにe202と出たときレコーダーに録画はできるのか?

テレビにe202と出たときには、電波の受信状態が悪い状態を示すメッセージとなるため、レコーダーも同じアンテナに接続されている場合には録画をすることができない場合が少なくありません。

 

そのため、まずはe202の状態を解消するためにアンテナの調整や交換などを行うことが必要となります。

 

ケーブルが接続されている場合にはそのケーブルの接続が不安定となっていることも多いため、まずはその接続を確認することが必要です。

 

同じように、レコーダー側も接続が不良となっていることもあるので併せて確認をすることが必要となります。

 

レコーダー側の受信状態はレコーダー側のチューナーで確認することができるので、まずはこれを確認することも大切です。

 

テレビでe202が出た場合には電波の受信状態が悪いと言うことになるので、アンテナからテレビやレコーダーまでの間で電波を受信できない状況が発生していると言うことになります。

 

例えば風などでアンテナの位置がずれたり、テレビを移動させたなどの時に接続するケーブルが外れてしまっているといったことも要因になります。

 

そのため、まずはその原因を確実に見つけることが必要です。

 

一般的にはアンテナからそれぞれテレビとレコーダーに配線をされていることが多いため、アンテナが原因の場合にはテレビだけでなくレコーダー側にも同じようにe202のメッセージが表示されることになるため、この状態を解消しないと録画ができないことになります。

 

e202は様々な要因で電波が届かない状態でも発生することがあるため、特に衛星放送などの場合には雨や雪などの影響を受け表示されることも少なくありません。

 

この場合にはレコーダー側も同様にe202が表示されることが多いため、録画ができないことになるので注意が必要です。

 

e202が表示された場合にはテレビだけでなくレコーダー側の表示も確認し、その原因を突き止めておくことが必要になります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.