ブログ


賃貸アパートでアンテナ工事をお願いしたい場合に気を付けることとは?

テレビを視聴するにはアンテナが必要です。賃貸アパートでも、アンテナが設置されていることが殆どですが、何らかの理由で設置がされていないケースもあるかもしれません。

 

また、テレビアンテナはあっても、BSやCS放送を見るためのアンテナがないこともあるでしょう。

 

そういった時には、アンテナ工事を依頼することも可能ではあるものの、それに伴い知っておきたい注意点もあります。

 

まずテレビアンテナの場合ですが、基本的には管理会社や大家さんに相談をする必要があります。

 

工事が必要となる場合、入居者が勝手に建物に手を加えることができないため、独断で設置を行うことは推奨されませんし、トラブルに発展する可能性も考えられます。

 

仮にアンテナはあるものの、不具合などで映らない場合も同様で、入居者側で修理を手配するのではなく、きちんと管理会社などに相談をした上で対処をしてもらうようにしましょう。

 

管理会社や大家さん側で修理の手配をしてくれますので、費用負担を入居者がする必要もありません。

 

続いて衛星放送のアンテナの場合についてですが、取り付け作業自体は難しいものではありませんので、自力で行うことも可能です。

 

アンテナ自体も販売されていますし、高額な物ではないため、費用もそれほど掛からないでしょう。とはいえ、不慣れな人ですと難しく感じられるかもしれません。

 

そういった場合、アンテナ工事を依頼することも可能ですが、ただ、賃貸アパートの場合は、勝手に工事を依頼するのは注意をした方が良いでしょう。

 

借りている部屋ですので、穴あけや傷を付ける作業が伴うようですと、退去時に原状回復を求められるなどのトラブルが起こり得ます。

 

したがって、もしアンテナ工事をしてもらいたい時でも、自分で設置をしたり勝手に業者に依頼をしたりするのではなく、まずは管理会社や大家さんに話を通しておくようにしましょう。

 

基本的には相談をするのが原則であり、独断でアンテナ工事をしないことが大切と言えます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.