ブログ


雨漏りの修理を依頼する際の3つのポイント

住宅のトラブルで多いのが雨漏りのトラブルです。

豪雨や台風によって建物はダメージを受けます。

 

ひび割れがあると、雨が漏れてカビや腐食の原因になります。

 

雨漏りの修理を専門に行っている会社は日本全国にあります。

 

中には手抜き工事で高額な費用を請求する会社もあるので、修理の依頼をする際には注意が必要です。

 

雨漏りの修理を依頼する場合は、3つのポイントがあります。

 

瓦やストレート、漆喰だけでなく外壁や窓も雨漏りの原因になります。

 

小さなヒビがあったり塗装が剥げていたりすると、建物の内部に雨水が浸透します。

 

雨漏り修理にかかる費用は、基本的に修復する範囲や方法で大きく変わります。

 

ただ雨水の侵入を止めるだけなら、比較的安価な代金で済みます。

 

雨水の被害によって内部の構造に異常がある場合は、被害の状況を調べて費用の見積もりを出します。

 

雨漏り修理の費用を安くしたい場合は、中間マージンがない会社を選択します。

 

下請けに作業を回している会社を選ぶと、中間マージンが発生するために費用が高くなります。

 

自社で雨漏り修理を施工できる会社なら、水が漏る原因を特定する調査から施工後の点検まで全て任せられます。

 

地域の相場を事前に確認しておくと、見積りを出してもらった場合に適正な料金か判断できます。

 

火災保険に加入している場合、契約内容によって修理費用が支払われる可能性があります。

 

火災保険は基本的に風災もカバーされているため、台風などで屋根が壊れてしまったら保険金が支払われます。

 

経年劣化で雨水が漏れている場合や少額の工事だと、保険が支払われないケースもあります。

 

見積もりに理解できない諸経費が含まれている場合は、納得できるように説明してもらいます。

 

必要のない経費が含まれている場合は、はっきり指摘します。

 

悪質な専門会社もあるので、見積もりを出してもらったら隅々まで確認してトラブルを避けます。

 

雨漏り修理は依頼前のチェックが重要になります。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.