ブログ


水漏れ豆知識!水漏れが発生したときに注意するべき事:漏電

雨が降った時に天井から雨漏りが生じると、天井や壁にシミができたり床面に水溜りができてしまうだけではなく漏電も発生する可能性がありますが、被害が大きく分けて2つに分類できます。

 

一次に分類されるのが、家電に繋がっているコードまたは本体が水漏れする事によって電源が入らないなどの故障が発生して、修理もしくは買い替える必要性が生じる事です。

 

また、ブレーカーが漏電が発生している事を捉えると自動的に電気回路に電気が通じなくなり停電に繋がりますし、屋内における電気回路にて発生している事例では専門業者によって修理が行われるまで電気が自由に使用できなくなり、普段とは異なる生活をする必要に迫られます。

 

そして、漏電という名称にもあるように電気が本来の場所以外の所に漏れている事を指すため、ますます要する電気が大きくなり著しく電気料金が高くなります。

 

こうした電気機器の故障や不便な生活と共にあるのが、漏電によって人体に大きなダメージを与える事であり、絶縁性が良好ではない洗濯機などを水漏れが発生している状況下で使用すると身体に電気が流れて感電します。

 

漏電をしている時に電気製品における金属部分に触れても感電しないようにするのはアースの役割なので、アース線をしっかりとアース端子に挿入しておくと安心です。

 

そして、漏電が生じるとモルタル下地に用いられる金網が高い熱を持つため、温度が高くなっている金網に壁の一部が触れたり埃が付着すると発火し火災に繋がります。

 

漏電による火災は壁の中に火種が存在している特性上、はっきりと火が見えた時には既に進行している事例が多いため、火災に繋がらないように事前に十分な対策を施しておく事が大事です。

 

漏電の有無を確かめる時には、物件における金属の部分に手で触れてみて刺激の有無を確認したり、雨の日に問題なく電気が使えているか確かめましょう。

 

雨が降ると停電に見舞われる機会が多いのなら、雨が理由で問題が生じている可能性が高いため業者に隅々まで調査してもらうと安心できます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.