ブログ


エアコンから水漏れ。こんなときどうする?

エアコンを使っている時に起きるトラブルの一つとして、水漏れが挙げられます。

 

エアコンの周りがぬれていたり、壁や床が水浸しになるなど、エアコンの水漏れは何の前触れもなく突然始まります。

 

もちろん運転をとめれば水漏れも止まるケースが多いですが、エアコンをつけなければ、夏場の暑い時期には特に困ってしまうでしょう。

 

一般的にエアコンの水漏れの原因の8割は、排水ホースに原因があるといわれています。

 

もしも排水ホースが原因となっていれば、ほとんどお金をかけずに直すことができます。

 

エアコンの水漏れは再発しやすいトラブルの一つでもあり、放置することによってカビが発生するなどのさまざまな弊害も出てくるため、十分な注意が必要です。

 

エアコンの水漏れが発生した際に最初に確認したいのが、室内機から外につながるドレンホースと呼ばれるものです。

 

室内機から外につながる排水ホースのことで、壁に穴がありますが配管を外から見てずっと下に辿って行くと、途中で切れている細い管が見つかります。

 

これが排水ホース、つまりドレンホースと呼ばれるものです。

 

エアコン内部の水分を外に出す働きがありますが、穴がいている状態で外につながっているため、ホースの穴からごみや虫が入ってつまってしまったり、内部の水と一緒にほこりが排出されてホースの中で詰まるなどのトラブルが起きやすくなります。

 

このつまりが解消されれば、水漏れも解消されるということです。

 

対処法としては、割りばしなどを使ってホースの入り口をかき出しましょう。

 

入り口部分には土やほこりも詰まりやすく、大きなごみは先にかきだしておきたいところです。

 

ホースの先にガーゼを巻きつけたら、先の部分から掃除機ですってみます。

 

掃除機をはなしドレンホースを下に向けると水が出てくることでしょう。

 

この繰り返しによって、直る確率があります。

 

それでもなおらなかったり、自分ではできないと感じるのであれば、業者に依頼するのが一番です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.