ブログ


実践しよう!エアコンが効いてる場所での乾燥対策

今や現代人の生活には欠かせないアイテムとなっているエアコンですが、人工的に室内の環境をコントロールするため、あまり長時間にわたって使用を続けていると美容や健康にいろいろな影響を及ぼすことがあります。

 

その1つが、乾燥です。

 

冬場にエアコンを使用すると室温が高くなり、空気がよりたくさんの水蒸気を含むことができるようになることから、水分が外部から補給されない限り相対的に室内の湿度が下がります。

 

また、暖気が直接身体に当たると表面の水分が蒸発し、お肌の乾燥の原因となります。

一方、冷房使用時にも乾燥への注意が必要です。

 

これは、エアコンが室内の空気を外に逃がす際、湿気も一緒に逃がすことが原因です。

 

そのため、乾燥による肌荒れなどを防ぐには、寒い時期だけでなく夏場にも乾燥対策が必要となります。

 

エアコンによる乾燥を防ぐための対策にはいろいろなやり方がありますが、自宅で簡単にできるものとしては洗濯物の部屋干しがあります。

 

濡れた衣類が乾燥する際に発生する水蒸気で、室内の湿度が上がります。

 

毎日は洗濯をしない、あるいはコインランドリーを使うので自宅では洗濯しない、というのであれば、濡れたタオルを絞ってハンガーに吊るしたり、霧吹きを使ってカーテンに軽く水気を含ませたりしても、同様の効果が得られます。

 

自宅以外でエアコンが効いている場所、たとえばオフィスなどではさすがに洗濯物を干すわけにはいきません。

 

そのような時は、デスク上で使えるミニ加湿器の利用がおすすめです。

 

部屋全体の湿度を上げることはできませんが、自分の座席近くの空気に湿気を含ませることができます。

 

電車の中や銀行の待合室など、公共空間では湿度そのものを変化させるというわけにはいかないので、セルフケアに徹するようにします。

 

お肌の乾燥対策としては、濡れたハンカチで軽くお肌を押さえる、ミネラルウォーターを持参して身体の内側からこまめに水分補給するなどがあります。

 

また、室内の乾燥は喉をいためることもありますが、これにはガムや飴などで喉にうるおいを与えてあげる対策が有効です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.