ブログ


住宅を購入したら入っておきたい保険:火災保険とは

銀行のローンを組んで住宅購入をした場合、火災保険の契約が義務付けられており、あまり考えずに加入してしまうことが多いです。

 

ローンを借りた時に火災保険に加入する必要があるのは、火災や自然災害などによって住宅を失った場合、ローンの返済が滞らないようにするためです。

 

これは火災や自然災害においては住んでいた住宅が失われる他、再建するまでに他の住宅を借りることもあり、負担が二重になることがあります。

 

近年多い水害においても、家が被害にあうだけでなく、自分の持ち物もすべて水につかってしまうため、生活を立て直すのに時間と費用がかかってしまいます。

 

そのため住宅に損害が発生した時に保金を支払うようにして、最終的に返済が滞らないようにローンに保険をかけている状態です。

 

火災保険は銀行で勧められたものではなく、自分で考えて加入することもできます。

 

もともと損害保険の一つであり、火災や落雷、水害や風害などによって生じた建物や家財の損害を補償する保険であり、安心に過ごすための備えと言えます。

 

保険の対象は建物と家財、さらにこの2つが組み合わさったものがあり、住宅購入に際しては両方をカバーしたものに入るのがポイントとなります。

 

なお建物は本体だけでなく、門や塀、車庫、物置も含まれており、家財の場合は家の中にある家具や冷蔵庫、カーテンや衣類が含まれています。

 

火災保険においては自然災害だけでなく、盗難に伴う損傷や汚損、漏水による水漏れ、多々もの外部からの物体の落下や飛来、衝突なども補償に入っています。

 

家に関して幅広く補償を受けられるのが火災保険の特徴ですが、注意しなくてはならないのが地震による損害です。

 

地震による損害はすべて補償の対象外となり、さらに地震に伴い発生した噴火や津波、火災に関しても火災保険では補償をすることができません。

 

地震には地震保険と呼ばれるものがあるため、住宅購入をする際には火災保険と同時に地震保険も検討すると良いです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.