ブログ


戸建ての雨どい修理と火災保険:自然災害など火事以外での火災保険の適用

火災保険と聞くと、火事にあった場合に補償してもらえる保険、というイメージを持っている人が多いでしょう。

 

しかし多くの場合は、火災だけでなく風雨や雪、雹で住宅と家財がダメージを受けた場合にもカバーしてくれます。

 

ただしその範囲は適用条件によるので、加入するときによく確認する必要があります。

 

風や雪、雹でよく破損してしまうものの一つに雨どいがあります。

 

屋根から垂れる雨水をコントロールしながら排出する役割を持っています。

 

ですから破損すると雨水が屋根の至るところからこぼれ落ち、騒音がでたり、庭が汚れたりします。

 

雨どいの破損で多いのはプラスチックのパイプが割れてしまうこと、継ぎ目が壊れることです。

 

他には金具が外れてしまったり、壊れてしまったりするケースも多く見られます。

 

このまま放置すると戸建ての住宅にダメージが蓄積して、劣化を早めてしまいます。早めに修理するのが賢明です。

 

なお火災保険で補償されるか否かは、壊れ方によります。

 

風雨後にプラスチックの破損が見られても、プラスチックが白くなるほど変色しているものであれば、補償対象ではなくなるでしょう。

 

なぜなら雨どいが経年劣化ですでにもろくなっていたと判断されるからです。

 

補償されるパターンとしては、風雨や雹のあとにパイプが破損することです。

 

また金具が割れたり、風の影響で紛失してしまったりすることもあります。

 

くわえて雨どいが壊れたせいでさらに住宅や家財が被害を受けた場合にも、補償される可能性があります。

 

よくあるのは屋根の破損です。屋根は雨どいが機能しなくなると直接的に影響を受けて、悪くなることが少なくありません。

 

屋根の中でも、ベランダやサンルームに設置されている屋根は、素材がポリカーボネートなどを使っている家が多いです。

 

瓦やガルバリウム鋼板などに比べて強度が落ちるため、自然災害によって壊れやすい傾向があります。

 

さらに雹などでは雨どいと関係なく、壊れてしまうことも珍しくありません。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.