ブログ


雨どいのつまりをキレイに掃除する方法

雨の流れをコントロールする雨どいは、その構造上ごみが溜まりやすく、お手入れをしないとつまります。

 

この為、定期的な掃除を欠かすことができませんが、具体的にどうしたら良いか分からないものです。

 

仮にもし掃除をしないで放置すると、雨どいは雨水が流れなくなってしまい、溢れ出たり漏れて家を濡らすことになります。

 

劣化による漏れも問題ではありますが、お手入れ不足のつまりにも気をつけることが大切です。

雨どいに溜まるごみは、落ち葉が定番中の定番ですが、風で飛ぶ砂埃も雨どいを埋めるので注意が必要です。

 

掃除の方法としては、やはりトングなどを使って物理的に取り除くのが基本となります。

 

また、ほうきを使って掻き出す手もありますが、無理をすると破損させてしまうので、手を伸ばしても届かない場合は素直にプロに任せましょう。

 

他にも、ホースを使って水流で飛ばしたり、細い棒や針金などでつまりを解消する方法もあります。

引っ掛かる形でごみが山積していると、表面のごみを取り除いてもまだつまりが残る可能性が考えられます。

 

そういう状況も想定して、水で洗い流す為のホースを用意しておくのが良いでしょう。

 

真っ直ぐの棒は、上や横から突いたりごみを取り除く形で使用します。

 

ただし、強く突くと破損してしまいますから、あくまでもゆっくり優しくが原則です。

 

棒より細く形状を変えられる針金は、つまり解消の強力な助っ人となります。

 

つまらせない掃除が一番ですが、針金の使い方を覚えておけば、万が一雨水が流れなくなっても焦らずに済みます。

 

雨水を集める設備の都合上、上部に開口部があってごみが溜まりやすくなっています。

 

それは同時に、上から覗き込めばごみが見えたり、掃除の難易度が下がることを意味します。

 

問題は目に見えるごみではなく、出口を塞いでしまうような状況です。

 

これは、ごみが蓄積し始めた初期だとあまり問題になりませんが、放置や急激な山積の事態が起こると話は違ってきます。

 

早めかつこまめなお手入れが雨どいの機能維持に繋がるので、使いやすく収納しやすい脚立かはしごの用意が必須です。

 

安定した設置と使用が行えれば、いつでも状況が気になる時にお手入が可能となります。

 

脚立もはしごも用意できなかったり、高いところに不安を覚える場合は、長く伸ばして使えるワイヤーつきのブラシが頼りになります。

 

直接落ち葉などを取り除くのと比べれば、多少残ってしまう可能性はありますが、それでも高いところに立たずにお手入れできます。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.