ブログ


4K8Kって結局何?

こんにちは。

住まいのメンテ運営本部の田村です。

最近よく見聞きする「4K」「8K」という言葉。今よりもっとキレイな画質でテレビが見られるということは何となくわかっていても、「結局どういうことなの?」「どうすれば見られるの?」と疑問に思っている人も多いはず。

そこで今回はすでに実用放送がスタートしている「4K・8K放送」(正式名称:新4K8K衛星放送)について知っておきたいことと、見るために必要なものをご紹介します。

 

そもそも「新4K8K衛星放送」とは?今のテレビがいつか見られなくなるの?

まず知っておきたいのは、新4K8K衛星放送はこれまでの放送とは異なる新しい放送ということ。アナログ放送から地上デジタル放送へ切り替えたときのように、今ある放送が終了してしまうのではありません。今見ている地上/BS/CSデジタル放送は新4K8K衛星放送が始まった後も引き続き視聴できますし、「今のテレビを買い替えないとテレビが見られなくなる!」といった心配もありません。実はこれ、多くの人が誤解しています。

 

「4K」「8K」ってなに?

「4K」「8K」とは現在テレビで一般的になっている「2K」(フルハイビジョン)を超える超高画質の映像のこと。4Kは2Kの4倍、8Kは16倍の画素数となっているため、大画面で見ても画素の粗さが気になりません。さらに、従来の2Kでは不鮮明だった色彩や明暗が表現できるようになり、より美しくキレイな映像が実現できます。

高画質による立体感、色彩豊かでなめらかな表現……。リアルで臨場感ある、大迫力の映像を楽しみたい人なら「4K」「8K」がおススメです!

 

新4K8K衛星放送は無料?どんなチャンネルがあるの?

現在、新4K8K衛星放送に対応しているのはBS放送、110度CS放送。その中に「右旋(右旋円偏波)」、「左旋(左旋円偏波)」と呼ばれる2つの電波帯域があります。

BS右旋で流されるNHK BS4Kや、BS朝日・BSテレ東・BS-TBS・BS日テレ・BSフジ等、民放キー局が展開する4K放送の視聴料は無料です。一方、BS左旋で流される「ザ・シネマ4K」、「WOWOW」、110度CS左旋で流される「J SPORTS 」や「スターチャンネル」等の4K放送は一部のチャンネルを除き有料。ざっくりいうと「右旋は無料」「左旋はほぼ有料」と把握しておくとよいでしょう。

※NHKの受信料(衛星契約)が別途必要です。

 

「4K対応テレビ」では新4K8K衛星放送が見られない?

「4K対応テレビ」をすでに持っているという家庭も少なくありませんが、実は「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」には違いがあります。

「4K対応テレビ」の場合、画面のスペックは4Kに対応しているので、ブルーレイディスクやVOD(ビデオ・オン・デマンド)等の4K映像を映し出すことはできます。しかし新4K8K衛星放送の電波を受信するためのチューナーが内蔵されていないので、「4K対応テレビ」だけでは新4K8K衛星放送を見ることはできないんです。

ではどうすれば新4K8K衛星放送を見られるようになるのかというと、テレビ本体で新4K8K衛星放送を受信可能な「4Kテレビ」を新たに買うか、新4K8K衛星放送対応の外付けチューナーを「4K対応テレビ」に接続すればOKです。

ただテレビだけ4KテレビにしてもBSパラボナアンテナ、ブースター、分配器、場合によっては同軸ケーブルなどご家庭の設備環境によってアンテナに付随する機器を4K対応にする必要があるため、アンテナの修理交換時などによく業者さんと相談するとよいです。

 

まとめ

 

多くの方が全体、あるいは一部を勘違いしている新4K8K衛星放送は「次世代の映像規格」等とも呼ばれ、今後スタンダードになっていくと言われています。そのため慌てる必要はありませんが、いずれは新4K8K衛星放送に対応したテレビやチューナー、付随する工事等の準備も必要になりますので、早めに下調べしておきましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.