ブログ


テレビアンテナの故障原因って?アンテナ編

そもそもテレビが見れなくなる原因ってどんなことがあるのでしょう?
数多くのアンテナトラブルを解決してきたからこそわかるアンテナの故障原因をご紹介します。

今回はアンテナ本体について解説します。

 

ズバリアンテナ本体って壊れるの?

 

結論から言うとアンテナ本体もモノですからいつかは壊れます。

 

が、しかし、故障原因としては稀であるとこが多いです。

 

特に経年劣化ではなかなか壊れません。

 

アンテナ自体のつくりがものすごいシンプルなため、意外と壊れにくいです。

 

ただ、アンテナ直撃の落雷は一発でやられることが多いです。

 

特徴的なのが落雷を受けるとアンテナの心臓部のあるパーツの蓋が吹っ飛びます。

 

しかも心臓部の蓋が取れるということは雨も心臓に直撃するのでなおのこと致命傷に。

 

その場合はアンテナ本体を交換するしかないのですがこれこそ落雷による損害なので火災保険適用できます!

 

アンテナ本体のトラブル

 

 

よくお客様にいわれるのが風が強い日にテレビにノイズが入るから風でアンテナが回っているかもしれない。

 

その可能性は0ではないですがほとんどありません。

 

なぜならアンテナが回って見れなくなって、風が止んだらテレビが映るということは風が止むたびにアンテナが元の位置に戻ということになります。

 

普通に考えてそれはなかなかあり得ない状況です。

 

風が強い日にノイズが入っりするのは何パターンか原因が考えられますが、一番多いのは接続部が劣化などに接触不良を起こしており、強風によりそれが発動しやすくなるから。あとはレアケースで近くの森林が強風で揺れて、そのたびに電波がぶれるということもあります。

 

また、間接的ではありますが強風でアンテナのワイヤーが切れてアンテナが倒れてしまい、アンテナ本体に水が入って壊れてしまうことがあります。

 

これはブースターや分配器、混合器などすべての機械に同じことが言えます。

 

 

まとめ

アンテナ本体の故障はテレビが見れないトラブルの原因としてはかなり確立が低いが0ではないです。ただアンテナ本体が壊れているときは他も同時に壊れているケースが多く、部材代だけでも多くの費用がかかってしまうことがあります。

そのため、もし火災保険等に加入している場合は火災保険を適用して工事を進めることをお勧めします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.