【徹底比較】テレビアンテナとアッテネーター テレビ視聴に必要な二つの機器を比較してご紹介

皆さんは普段どのくらいの頻度でテレビ放送を視聴されていますか。

おそらくほとんどの方が毎日もしくはそれに近い頻度でテレビ放送を視聴し、ニュース番組やバラエティ番組、ドラマや映画などさまざまな番組をご覧になっていることでしょう。

私たちの生活と密接に関わっているテレビ放送ですが、視聴するために必要な機器というものが存在します。

その一つがテレビアンテナです。

そしてテレビアンテナを補助するために設置されるケースがある機器の一つに含まれているのが、アッテネーターと呼ばれる機器になります。

今回はこのテレビアンテナとアッテネーターについて比較しつつ、補足情報を盛り込みながら紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

テレビアンテナとは

まずテレビアンテナについてですが、皆さんはテレビアンテナの役割をどの程度理解されていますか。

テレビアンテナはテレビ塔や人工衛星などの電波発信施設から送られてくるテレビ番組の電波を受信するという重要な役割を持っており、安定したテレビ放送の視聴環境を整えるためにはテレビアンテナの担う役割や注意点、機種ごとの特徴を理解しておくことが重要だと言えます。

なお、テレビアンテナの機種にはさまざまな種類が存在しており、それぞれで長所や短所が異なりますので注意が必要です。

たとえば指向性アンテナという分類に含まれるアンテナは、特定の方向に対して強い電波受信感度を発揮する一方でアンテナの方向がわずかでもズレてしまうと電波受信感度が著しく低下してしまうという特徴を持っています。

そのため指向性アンテナに属する八木式アンテナやパラスタックアンテナ、パラボラアンテナといった機種を利用する際にはアンテナの向きがズレてしまわないように対策を施す必要が出てきます。

アンテナの向きをずらしてしまう原因としては台風などの強風被害やアンテナに鳥が留まることによる鳥害などが挙げられますので、もしも対策に困っているという場合にはアンテナ専門業者に相談してみるとよいでしょう。

また、テレビアンテナの中には地上デジタル放送(地デジ)に対応している機種とBS放送やCS放送といった衛星放送に対応している機種があります。

衛星放送に対応しているアンテナはパラボラアンテナしか存在しませんので、もしも衛星放送を視聴したいという方はアンテナ選択で間違わないように気をつけましょう。

こういったアンテナの選択や設置場所の選定などにおいても、アンテナ専門業者に頼るという選択肢があることを覚えておくといいでしょう。

アッテネーターとは

続いてはアンテナ周辺機器の一つであるアッテネーターについてご紹介します。

アッテネーターはテレビアンテナと異なり、絶対に必要という機器ではありません。

しかしアンテナが強電界地域にあたる場合にはアッテネーターを設置することによって改善する可能性があるため、そういった状況においては必要と言えます。

そんなアッテネーターですが、その機能は簡単に説明すると電波を減衰させるというものになります。

「電波をわざわ減衰させるなんて」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、アッテネーターが利用される環境は主に強電界地域と呼ばれる場所です。

この強電界地域とはその名のとおり、届けられる電波が強い地域のことです。

テレビ塔などの電波送信施設から半径20キロメートル圏内という定義はありますが、簡潔に説明するのであれば上記の説明が一番分かりやすいでしょう。

この強電界地域ですが、多くの方は「電波が強いなら問題ないのでは」と思われるかもしれませんが、実際には違います。

届く電波があまりにも強すぎる・利用しているテレビが旧式の機種であるといった場合には画面にブロックノイズが発生したり、テレビ画面がまったく映らなくなってしまうといったトラブルを引き起こす可能性があります。

そのため強すぎる電波をあえて減衰させる必要があり、そこで利用されるのがアッテネーターというわけです。

またアッテネーターの設置作業はテレビのコードに付けるだけで済み、価格自体も比較的安いため機能面以外のメリットもたくさん存在する点がメリットだと言えます。

ちなみにアッテネーターは強電界地域においてテレビ放送の視聴をサポートするための機器になりますが、反対に電波の弱い地域(弱電界地域)において利用される機器にブースターと呼ばれるものがあります。

このブースターはその名のとおり、電波を増幅させる機能を持っています。

テレビ塔などの電波送信施設から距離が大きく離れている土地や山間部、周囲を高層ビルなどに囲まれた地域などは届いてくる電波が弱い場合があります。

そんな時にブースターを利用することで電波を増幅させ、安定したテレビ番組の視聴をサポートするというわけです。

ブースターは落雷発生時に起こる高出力の電気の逆流からアンテナ本体を庇ってくれる機能も持っているため、その点でも安心できるでしょう。

アンテナに関するご相談・ご依頼はアンテナパンダへ

今回はテレビアンテナとアッテネーターの二つの機器について、それぞれの特徴や役割を説明しました。

また、アッテネーターと対照的な役割を持つアンテナ周辺機器のブースターについても併せて解説を行いました。

テレビアンテナはテレビ放送を視聴するうえで欠かすことのできない存在として有名ですが、アッテネーターおよびブースターも特定の環境下で非常に大きな役割を担っている機器になります。

もしも『テレビ画面が正常に映らなくなる』や『ブロックノイズが走る』などのトラブルに遭遇された場合には、アンテナの不調や破損、強電界地域などの設置環境に問題は無いのかを確認しましょう。

原因が分からない・修理しようにもどうすればいいのか分からないといった方はアンテナ専門業者に依頼することをお勧めします。

弊社アンテナパンダではプロのスタッフがお客様からの施工依頼などに対応しており、24時間365日いつでもお問い合わせを受け付けております。

もしもアンテナに関するご相談やご依頼をお考えの際にはぜひ、アンテナパンダまでご連絡ください。

お電話で問合せ

LINEで問合せ

以下のLINEボタンをタップして、友だち追加後メッセージを送信ください。

メールで問い合わせ

    必須

    お名前

    任意

    ふりがな

    必須

    メールアドレス

    任意

    ご住所


    任意

    お電話番号

    任意

    お問合せ内容